「ドコカ遠クノ、ソレヨリ向コウ 或いは、泡ニナル、風景」

WS公演、さいたま芸術劇場にて。27日の夜に。

衣装が、既存の服を分解して再構築したようで面白い。マームとジプシーの新プロジェクトのメンバーが担当したそうだ。

予備知識なく見に行って、最初は電車事故?の話?と思い、そして福知山線の事故をモチーフにした話なんだな、と途中で気づき、気づいてしまうと、不安が増幅した。

ミニパンフによると『記憶』がテーマのようだ。

あの事故のニュースの記憶や、自分が生きた来た中で遭遇した不安の記憶、不条理な怒りの記憶、無力感や悲壮感が、繰り返される中で変化していく台詞とともに、自分の中でも変化し、よみがえってくる錯覚。

錯覚でも、心象風景としてそれはリアルであり、割れてしまったガラス片を掃除したはずなのに残っていて指先を切ってしまうような、思いがけない過去からの刃物。小さくて、鋭利で、どこにあるのか、パッと見ではわからない。でも、痛い。痛みは確実にある。ここに、ある。そんなイメージのお芝居だと思った。

非常に構成的な芝居なのだが、やはり、肉体のもつ力、個々人の声、そういったものが、この再演を、初演とは違う色にしていったことだろう。それは、初演も再演も演出した藤田氏には、どのように映るのだろう?

|

シン・ゴジラを観て

シン・ゴジラ観てきました。予想以上に面白く拝見!あっという間に時間が。私はエヴァとか全然興味なく、ゴジラも興味なく、でも大倉崇裕氏(ミステリ他作家)が好きで、(彼は怪獣大好き人間なんだけど)そのブログの書き方により興味を覚えたので。観てみたくなったのでした。こんな書き方されたら、「・・・見たい!!」ってなるでしょー?参考までに、こんな。http://d.hatena.ne.jp/Muho/20160821#p1
鑑賞直後耳に入ってきた感想(近くの奥さま?)「これは大人向けねー(ため息)」
だよな。納得。子供じゃ、放射能廃棄物の概念とか、字幕の漢字とか、無理かも。
ってか、大人でも「?」ってとこあって、鑑賞後お茶しながら検索―ル!特に、長谷川博己演じる蘭堂が、誰でも知ってるよね的微笑みで言った「やしおり作戦で」のやしおりって…何!?と思ったら・・・なるほどー。ねたばれに抵触するので書かないけど、わかるけど、でも、政界とか自衛隊とかでは「やしおり」って超常識的単語なの?やっぱ、古事記は常識だろって感じ?
ま、とにかく、いろんな側面から楽しめる映画でした!
有名俳優好きなら、「え?この人がここだけの出演?」とかも、かなり楽しめる。もはやそれは「ウォーリーを探せ」状態です。そういう作品と知らなかったので、帰宅後、映画を脳内リプレイ、ええー?いたかな?あれかな?と、キャスティング表をガン見しちゃいました。
ホントに面白かったので、自分の知識の補填をすべく、検索しまくると、庵野監督の、事前の防衛庁等とのシュミレーション協議など、ウィキペディアみるだけでも、「ああ、だからあんなに緊密なのか」「すごいなあ」としか言えないお話が列挙。才能と時間と体力と労力の限りが注ぎ込まれている映画なんだなあ!と調べるごとに思え、シン・ゴジラという映画自体が、制作過程で「進化」していったんだ、と思えました。
大倉氏もかかれているように、特撮の見事さは、私のような素人には、どうやったんだか、全然わからなくて、とっても怖かった。その点でも子供向けじゃないかも。私が子供の時だったら、トラウマになってしまいそうでした。ゴジラ怖くて東京や鎌倉に行けなくなったかも!
私が一番、感動したのは、ゴジラが単体で進化するという点と、いっぱい動いたり攻撃した後はじーっと体力をためてまた動く、という点。

|

植物体系の変化ってよくわからない

クガイソウという植物があって、紫で九蓋草と書くのも面白く、白馬で見ることができ、そこにキャプションがあって「ゴマノハグサ科」と書かれていた。ところが、帰り道、連れ合いにクイズとして出した時、ウィキで検索しなおすと、なんと!!

「かつてはゴマノハグサ科に含められていた」と、物悲しい一文が!どういうこと?と調べてみるとAPG植物分類体系というものが1998年にでて、まあ、そのごも改訂を繰り返してるようで、今は5みたいだけど、『旧い分類法の新エングラー体系クロンキスト体系がマクロ形態的な仮説を根拠に演繹的に分類体系を作り上げたのに対して、ミクロなゲノム解析から実証的に分類体系を構築するものであり、根本的に異なる分類手法である。』ってことらしいんだけど、なんか、わざとらしい分類法な感じー。ゲノムから分類できるようになったから、そうする必要性を感じない。むしろ、分類は、外見とかでした方が楽しい感じがする。

でもそれが学問てもので、学者は新しい理論を実践展開しないと未来がない的感覚があるのかもね。

ゲノム解析があろうとなかろうと、クガイソウはきれいだけどね。むしろ知りたいのは植物も、紫外線や酸性雨や放射能の影響がゲノムレベルにまで出てくるのかってことかな。

山でUVの服着てたけど、結構日焼けして思ったのは、植物は紫外線の影響はどうなってるんだろうってことでした。また後日調べてみようかな。

今日は台風がおうちを飛ばしそうで怖いので、調べ物をして気晴らしをしてしまった。

|

«親切にされる喜びは、年齢とともに増加?